ベビタブ口コミ! ママと赤ちゃんのための無添加入浴剤【重炭酸湯】

育児中のママは、毎日時間に追われていて、自分のための時間を見つけるのも難しい。

正直、ゆっくりお風呂に浸かるのも難しいときだってありますよね。

でも、あえてそんなママのために作られた無添加入浴剤があります。

子供はもちろんのこと、いつも自分の事は後回しにしてでも家族を想うママ達にこそ、毎日元気に過ごしてほしい!と願いを込めて「ベビタブ」は誕生しました。

公式サイトでこの言葉を見たとき、育児疲れでヘトヘトだったので、「私はこういう入浴剤を探していた!」と思いました。

とはいえ、肌が乾燥しやすい子供も、安心して使える入浴剤でないと使いにくいのでは?

しかし、よく調べてみると「ママとベビーのための入浴剤」ということで、大人だけでなく子供にとっても安心して使える無添加入浴剤だと思いました。

公式サイトで購入して、実際に使ってみたので口コミレビューします!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

「ベビタブ」公式サイトを見てみる

ベビタブってどんな無添加入浴剤?

ベビタブは、親子のために考えられた、ぬるめのお湯でも湯冷めしにくい重炭酸入浴剤です。

また、赤ちゃん向けの入浴剤でもあるので、

  • 無着色・無香料
  • パラベン不使用
  • アルコールフリー
  • 界面活性剤不使用
  • 皮膚に近いpH7の中性
  • 日本製

と、赤ちゃんに安心のポイントがたくさんあります。

病院やクリニックでも、「ベビタブ」を取り扱っているところがあるようです。

ベビタブを使うメリット

お風呂の残留塩素を除去してくれる

ベビタブは、お風呂に入っている水道水の残留塩素を瞬間中和除去し、ほとんどゼロにすることが可能です。

「ベビタブ」公式サイトでは、「ベビタブあり」「ベビタブなし」に分けて調べられた、残留塩素(カルキ)濃度試験分析結果が公開されています。

下の動画では、塩素試験薬を入れて塩素に反応して黄色くなった水に、ベビタブを入れると、一瞬で水が透明になる様子を観ることができます。

観てみると、本当にあっという間でびっくり。

石けん・シャンプーなしでも汚れが落ちる(お風呂の時短になる)

ベビタブは、石けん・シャンプーなしでも汚れとニオイを落とすことができます。

これにより、洗いすぎによって肌のバリアを壊してしまうことを防げます。

ベビタブは、化学成分を含まない、発酵法製造の自然素材のみを使用した入浴剤なので、頭からザブザブかぶれるようになっています。

ベビタブの使い始めは、石鹸やボディソープで落としきれなかった「ミネラル皮脂汚れ」が落ちることで、湯船が汚く濁っていると感じてびっくりする人が多いようです。

石けん・シャンプーが不要なので、時短にもなります。

代わりに湯船にゆっくり浸かる時間に充てれば、パパママもお風呂でポカポカ・リラックスすることができます。

小さい子供の髪や体を洗うときは、子供がバタバタしたりして軽く戦争みたいになったりすることがあるので、そういった大変な時間をなくして、終始子供とゆったりとした時間を過ごせるのは貴重で嬉しいですね。

ぬるめの「重炭酸温浴法」でポカポカになってリラックスできる

公式サイトでは、ぬるい温度で長めに入浴する「重炭酸温浴法」がすすめられています。

これは、体を温めるのではなく、血流を上げることを目的とした入浴方法です。

下の動画は、32℃のぬるま湯にベビタブを入れ、手だけ15分つけたら、体温が36.0℃か36.6℃に上がったという動画です。

これはすごい。

ぬるめのお湯でゆったり浸かることでリラックスすることで良質の睡眠も期待できます。

ベビタブの使い方

ベビタブには使い方がいくつかあるようなので、紹介します。

家族で入浴に使う場合

1回の入浴で、3錠を湯船の中に入れます(160リットルにつき3錠)。

下の動画でもわかる通り、粒は白くて丸いです。

シュワシュワの細かな泡が面白いくらい出てきます。

湯船に溶け出す重炭酸イオンの効果が24時間持続します。

浴槽も傷めないので、追い炊きして使うことも可能です。

公式サイトでは、ぬるめのお湯(36℃~40℃)で、大人は1回15分以上の入浴が勧められています。

赤ちゃんの沐浴、洗顔、足湯にもOK

公式サイトでは、上記の入浴以外にも、

  1. 残留塩素の除去のために、赤ちゃんの沐浴に使う(160リットルにつき1錠)
  2. 洗顔器に入れて、溶け始めてから2~3分後に洗顔をする(1錠)
  3. 10~30リットルの容器に41℃~43℃くらいのお湯を入れ、20~30分足湯に入る(1錠)

といった色々な使い方が提案されています。

ベビタブの口コミレビュー

毎日肩こりに悩まされている私の場合、お風呂にゆっくり浸かる前と後では、体の軽さがかなり変わります。

リラックスモードになって体がほぐれているのだと思います。

このようにリラックスして疲れを取る効果を高めてくれる入浴剤を探していました。

しかし、自分のためだけでなく子供にとっても良い入浴剤を選びたいところ。

特に長女の肌は、乾燥しやすいうえに汗っかきであせもも出やすいので、肌トラブルを予防してくれる入浴剤だとなおよし。

そんな都合のいい入浴剤があるのだろうかと色々調べたところ、「ベビタブ」が良さそうだなと思い、購入してみました。

ベビタブの錠剤は、公式サイトにも書いてあったとおり、色も香りもなくてシンプルだなと思いました。

赤ちゃんや子供にとっては不要なものだから、これらがないのだそうです。

確かに、たまに他の入浴剤で「青○○、赤○○」(○○は番号)って書いてあって、着色料が入っているものとかありますが、こういうのを見かけるたびに「別にいらないのになぁ」と思っていたので、私としては納得です。

でも、お湯の感触は少し変わった感じがします。

お湯が柔らかいというか、まろやかで優しい感じになります。

あと、重炭酸イオンが溶け込んでいるせいか、お湯が少しだけ泡立ちやすい気がします。(気のせい?)。

あと少しびっくりしたのは、湯船にゆっくり使っているうちに段々お湯が濁ってきたことです。

公式サイトで、使い始めのうちは、今まで蓄積していてた体の汚れが取れて、湯船の湯が汚れてくると書いてあるのを見ましたが、うちのお風呂でも本当に少し汚れていました。

その分、ちゃんと体の汚れが取れてるんだなと分かって良かったです。

「重炭酸温浴法」を繰り返すと、段々汚れは少なくなってくるようです。

一番はっきり分かった効果は、お風呂からあがってみて、体が芯からポカポカしていること。

皮膚の外側から温められているという感じではなく、「芯から」温まるという感覚を得ることができます。

特に、冷え性の人にはとてもいいなと思いました。

想像以上に体がカッカしてくるので、お風呂の温度は本当にぬるめで十分だなと思いました。

いつも通りの温度だと熱すぎて、ずっと入っていられません。

ベビタブの取扱店はどこ? Amazonや楽天でも売ってる?

「ベビタブ」は楽天では売っていません。

Amazonでは、公式サイトと同じ値段で販売されています。

ただ、公式サイトから直接購入する方が、万が一商品に何かあった時に連絡が取りやすく、柔軟に対応してもらいやすいです。

値段が同じなのであれば、公式サイトから購入するのがおすすめです。

ベビタブのまとめ

ママにも赤ちゃんにも嬉しい要素がたくさんある「ベビタブ」。

石けん・シャンプーが不要なので、今までゴシゴシ洗うために使っていた時間を、子供とゆったりお風呂に浸かる時間に使えます。

ぬるめの「重炭酸温浴法」で血流が良くなってポカポカ・リラックスすれば、質の良い睡眠も期待できます。

いつもゆっくりお風呂に入っている余裕がないからこそ、あえて使いたい入浴剤です。

特に、冷えに悩まされている人には超おすすめです!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

「ベビタブ」公式サイトを見てみる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする