楽天Rebates(リーベイツ)のメリット・デメリットを徹底的に調べてみた

楽天Rebates(リーベイツ)は、掲載されている有名ブランドやショップの公式サイトでお買い物をする前に、これを経由すると、楽天スーパーポイントが貯まるサービスです。

「Rebates」は、「支払代金の一部を、支払者に払い戻すこと」を意味します。

楽天Rebates(リーベイツ)の仕組みや、メリット・デメリットについて、徹底的に調べてみました。

ポイントがもらえる仕組み

なぜ楽天Rebatesを経由して、それぞれのストアでお買い物をするだけで楽天ポイントがもらえるのでしょうか?

それは、楽天Rebatesがそれぞれのストアに対し、楽天Rebatesを訪れた客を紹介している形になっているからです。

そのお客さんが掲載ストアの商品を購入すると、そのストアから楽天Rebatesへ、紹介料としての成果報酬が支払われます。

そして、楽天Rebatesからお客さんへはその成果報酬の一部として、ポイントバックがなされるわけです。

つまり、楽天Rebatesは、ストアからの成果報酬で成り立っているというシンプルな仕組みなので、怪しいところはなく安心して利用することができます。

楽天Rebates(リーベイツ)の掲載ストア

2018年10月4日時点で、掲載ストアが全部で495あります。

そのうちの一部を挙げてみると以下の感じです。

  • アカチャンホンポ
  • イトーヨーカドーネットスーパー
  • タカラトミーモール
  • トイザらス・ベビーザらス
  • ドクターシーラボ
  • ドミノ・ピザ
  • ベルメゾンネット
  • ミキハウスオフィシャルオンラインショップ

などなど。

楽天グループサービスの中では、

  • 楽天Kobo
  • 楽天デリバリー
  • 楽天ビューティ
  • 楽天ブランドアベニュー

が掲載されています。

楽天Rebates(リーベイツ)のメリット

毎週火曜日に高還元ストアが更新される

楽天Rebatesでは、毎週火曜日にポイント高還元ストアを更新しています。

2018年10月4日現在で調べてみると、対象になっているストアは69ありました。

同日時点で、掲載ストアが全部で495あるので、結構な割合のストアが、ポイントアップストアの対象になっています。

たまに、「こんなに高還元でいいの?」と思うようなストアもあります(今週ならドクターシーラボ10%など)。

楽天Rebates(リーベイツ)で高還元ストアをチェックする

ポイントバック保証制度がある

楽天Rebatesのポイントバック保証制度とは、「万が一、何らかのトラブルでストアからのポイントが付与されていなかった場合、Rebatesが提携ストアに確認し承認され次第、そのポイントが付与される」という制度です。

せっかく楽天Rebates経由でお買い物をしたのに、何らかの理由でポイントがつかなかった、ということがあると、次からまた利用しようという気にはなれませんよね。

そういうことがないように、安心してお買い物ができる制度が設けられています。

1ポイントから付与される(最低支払可能金額というのがない)

例えば、monokaでは、最低振込可能金額は1,000円とされており、キャッシュバックの金額は1,000円に到達しないと、キャッシュバックの金額を受け取ることができません。

これに対し、楽天Rebatesでは、このような制限はなく、1ポイントであってもポイント付与スケジュールに従い、ポイントを利用できるようになります。

楽天Rebatesをたまにしか使わないという人でも、無駄なくポイントを利用できるのが嬉しいですね。

掲載ストアのポイントと楽天スーパーポイントの二重取りができる

掲載先のストアが独自のポイント付与を行っているお店であれば、ストアのポイントも貯まりますし、楽天Rebatesからの楽天ポイント付与も更にされます。

monokaなどの類似サイトでも大体そうなので、楽天Rebates独自のメリットというわけではありませんが、一応挙げておきます。

楽天Rebates(リーベイツ)のデメリット

楽天スーパーポイントでしか還元されない(現金還元なし)

楽天Rebatesは、楽天スーパーポイントという形でのみ還元がなされます。

楽天をよく使う人であれば、楽天スーパーポイントでも付与されると有り難いものですが、楽天をあまり使わない人であれば、その恩恵を受けにくいと思います。

現金還元を重視するのであれば、monokaの方がおすすめです。

「獲得予定ポイント」が「利用可能ポイント」に変わるのは月1回でしかも約2カ月前後かかる

ポイント付与スケジュールは、ヘルプページで確認することができますが、「利用可能ポイント」に代わるのは月1回のペースとなっています。

しかも、「獲得予定ポイント」は、獲得予定ポイントページに反映された月の翌々月の第二金曜日に「利用可能ポイント」へと変わるとされているので、お買い物をしてから楽天スーパーポイントが利用できる状態になるまで、約2カ月前後かかることになります。

結構時間がかかるなあという印象です。

Amazon、Yahoo!などの超大手のストアは扱っていない

上述したポイントバックの仕組みから考えると、楽天が楽天を紹介して紹介料をもらうというのも変な話なので、楽天市場が経由先のストアにないことは、まだわかります。

(楽天Kobo、楽天デリバリー、楽天ビューティ、楽天ブランドアベニューはあるので、楽天グループが全くないわけではないです。)

しかし、AmazonやYahoo!などの超大手もないので、その辺は少し使いにくさを感じますね。

ライバルにあたるので掲載しないということなのかもしれません。

新規アカウント作成&初回購入で500ポイントプレゼントキャンペーン

楽天Rebatesでは、アカウントを新規作成してから30日以内に、Rebates経由で合計3,000円以上購入すると、500ポイントがプレゼントされるというキャンペーンをやっています。

楽天Rebatesで掲載されているストアをチェックしてみて、使えそうなストアがあったら登録しない手はないですね。

楽天Rebates(リーベイツ)で掲載ストアをチェックする

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする