野菜ジュースなら光食品の「有機野菜 飲むならこれ!1日分」がおすすめ

うちの子どもたちはジュースが大好き。

長女が1歳のときは、小さい紙パック型の果物ジュース(100ml)を1日1~2本飲んでいましたが、1歳半検診で「たまにならいいけど多すぎる。虫歯になってしまう。」と言われてしまったので、ジュースを与えすぎないように気を付けています。

でも、水やお茶だとなかなか飲まず、水分補給として心配なときがあるので、ジュースを全く与えないというのも難しいなと感じています。

長女の場合は牛乳が好きなので牛乳を飲ませればよいですが、牛乳ばかりでも飽きるようです。

子どもの野菜不足も何となく気になるので、最近は果物のジュースより野菜ジュースに手が伸びることが多くなりました。

うちは野菜ジュースならこれ!というものを見つけたので紹介します。

光食品の「有機野菜 飲むならこれ!1日分」です。

「有機野菜 飲むならこれ!1日分」ってどんな野菜ジュース?

「有機野菜 飲むならこれ!1日分」は、20種類の野菜を使用した有機JAS認定野菜ジュースです。

原材料は以下の通り。

原材料:有機トマトジュース、野菜ジュース(有機にんじん、セルリー・有機かぼちゃ・だいこん・はくさい・小松菜・ピーマン・ビーツ・ケール・赤ピーマン・野沢菜・ブロッコリー・キャベツ・ほうれん草・アスパラガス・かぶ・レタス・クレソン・パセリ)、有機レモン果汁、有機ゆこう果汁

トマト、レモンは海外産有機、かぼちゃ、ゆこうは国産有機、にんじんは海外産有機と国産有機が使われています。

その他の野菜は国産が使われています。

砂糖、食塩は無添加なので、糖分・塩分が気になる人も安心して飲めます。

保存料・着色料は不使用です。

トマトジュースがベースになっているので、色も味もトマトジュースに近いです。

飲んだ感じは、サラサラしているというより、野菜の繊維が結構入っていてドロッとしている感じかな。

セロリの風味が少し強いので、セロリが苦手でなければ美味しく飲める味だと思います。

我が家流の「有機野菜 飲むならこれ!1日分」の使い方

普通にジュースとして飲む

使い方と言っても、野菜ジュースなので、とりあえず缶を開けて飲みます(笑)。

2歳5カ月の長女は、1年くらい前からこの野菜ジュースを飲んでいますが、いつもご褒美感覚でゴクゴク飲んでいます。

子どもが飲むには少し味が濃いかな?と思って、いつも水か湯を足して倍くらいに薄めてから与えるのですが、それでも毎回一気に飲み干してしまいます。

長女はトマト大好きなので、この味が合っているのかもしれません。

うちの母は、この野菜ジュースは「セロリの風味が強くて苦手」と言っていましたが、長女は全く気にならないみたいです。

逆にトマトが苦手な1歳2カ月の次女は、長女ほどは食いつきが良くないですが、いつの間にか飲み切っていることが多いので、嫌いではないみたいです。

夫の場合は、野菜不足が気になるときに飲んでいます。

これ1缶で1日分の野菜を摂ることができるのがいいですね。

家族皆でお世話になっている野菜ジュースです。

いつも箱で買っていますが、知らないうちに箱の中が空になっています。

カレーに入れて使う

調理師免許を持っている友達に、美味しいカレーの作り方を聞いてみたことがあったのですが、「野菜ジュース1缶を水の代わりに使う」という話を聞きました。

そうすると、作りたてでも野菜を煮込んだような旨味のあるカレーができるのだそうです。

私は、美味しいカレーが作りたくて、色々なカレーのレシピを探しては、試しに作ってみるということをやったことがありますが、大体手が込んでて時間がかかるものが多いです。

あまり作る時間が取れない時は、カレーのルーの箱の裏に書いてある調理法で作ることも結構あります。

その時でも、お鍋の中に入れる水の量を少し減らして代わりに「有機野菜 飲むならこれ!1日分」を使えば、いつもより少し深みのある味わいのカレーが簡単に作れます。

砂糖や食塩を使っていないので、これらが入っている他の野菜ジュースを使う場合に比べて、カレーの味を邪魔しないのが良いです。

凝ったカレーを作るのは大変だけど、一味違ったカレーを作ってみたいというときに、この野菜ジュースを使うのがおすすめです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする