アユーラ入浴剤口コミ!「メディテーションバスα 」を試してみた

夫が入浴剤好きなので、色々な入浴剤を買うことがあるのですが、今回はアユーラ(ayura)が販売している入浴剤「メディテーションバスα」を買ってみました。

買ってみた理由は、

  1. 「2016@cosmeベストコスメアワードで1位受賞」の「超人気入浴料」という情報があったので、どういうものか気になった。
  2. 入浴剤の匂いが「癒しの香り」として評判が高く、名前も瞑想風呂という意味なので、リラックス効果が期待できそう

2018年でも「@cosmeベストコスメアワード」の「ベスト入浴剤」で2位を受賞していて、とにかくその人気ぶりがすごいです。

28回分のジャンボサイズも売っているけれど、まずはお試しとして12回分の小さい方を購入しました。

このアユーラの入浴剤を実際使ってみると、体の緊張をほぐして、ほっと一息つきたいときにいいなと思ったので紹介しますね。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【メディテーションバスα】公式サイトを見てみる

アユーラ入浴剤「メディテーションバスα」ってどんなもの?

「メディテーションバスα」は、発売以来50万本を突破しているアユーラで人気の入浴剤です。

  • 2015 VoCE BATH ESSENCE 第1位
  • 2015 VoCE ボディケア 編   第1位
  • 2015 美的 入浴剤 編     第3位

など、多数のコスメ賞を受賞しています。

アユーラ入浴剤「メディテーションバスα」の3つの特徴

入浴剤の特徴1:ふわっと香る安らぎの香り

瞑想効果(アロマメディテーション効果)のあるローズウッド・ローズマリー・カモミール等アロマティックハーブを中心に調合されています。

これらの香りはストレスの緩和に役立つと言われています。

入浴剤の特徴2:うるおいのヴェールで肌しっとり

ボトルの中身は、エモリエント成分+アロマ成分と、保湿成分+生薬成分の2層構造。

水性の保湿成分は、肌に浸透してうるおいを与えます。

油性のエモリエント成分は、肌表面にヴェールを作り、うるおいを逃がしません。

このような、肌にうるおいを与える&逃がさないダブルの働きで、入浴後もしっとり滑らかな肌を持続させます。

入浴剤の特徴3:湯けむりの中にいるような乳白色のお湯

グリーンのエッセンスをお湯に入れた瞬間、綺麗な乳白色に変化します。

まるで温泉の白い湯けむりの中にいるような色合いと湯ざわりになります。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【メディテーションバスα】公式サイトを見てみる

アユーラ入浴剤「メディテーションバスα」の使い方

  1. 入浴剤は二層構造になっているので、ふたを閉めた状態でボトルをよく振ります。
  2. ボトルの側面には、1回ごとの分量が分かる目盛りがついているので、その目盛りを見ながら1目盛り分(約25ml)を浴槽のお湯に溶かします。
  3. ボトルの中に水が入ると白く濁ってしまうので、使用後はキャップを閉めます。

ボトルの側面を見ながら量を調節できるので、いちいち入浴剤を計る必要がなくて楽ちんです。

アユーラ入浴剤「メディテーションバスα」の口コミ・感想

リラックスしたい時に使うと良さそう

入浴剤を入れるとグリーンの液体がさーっと乳白色に代わって、入浴剤の香りがふわっと匂ってきます。

すごく特殊な香りというわけでなく、どこかでかいだことあるような気がするんだけど、でもほっとするような感じでした。

匂いは少し強めで、お風呂の中で結構匂いが持続します。

落ち着いてゆったりとした気分になるので、うっかり長風呂しそうになってしまいます。

緊張で凝り固まった体をほぐしたい時におすすめです。

保湿効果についてははっきり分からず

正直なところ、保湿効果については、はっきりとは分かりませんでした。

言われてみればそうかな?という程度。

でも、そっちの効果は全然期待して買ったわけじゃないので、まあいいかなと思います。

お風呂でゆっくりリラックスしたい人向けの入浴剤ですね。

アユーラ入浴剤「メディテーションバスα」のまとめ

子どもが小さいとお風呂にゆっくり入れないことも多いですが、ゆっくり浸かれる時とか、かなり疲れた時に使おうと思います。

入浴剤としてはお値段が少し高めなので、今日は特別に!って感じの使い方になりそうです。

ギフトセットも売られていますが、洗練された感じのギフトボックスが用意されているので、ギフトとして贈るのもよいですね。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【メディテーションバスα】公式サイトを見てみる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする